失敗しないために欠かせない基礎知識を見る

成功するガーデニング

女性

ガーデニングは庭だけじゃない

庭

ガーデニングはどこでもできる

実は庭がなくてもガーデニングはできます。特に最近注目されているのがベランダでのガーデニングです。ちょっとしたスペースでも工夫次第で楽しくガーデニングができるのでオススメです。注目のアイテムの情報もしっかりチェックしておきましょう。

READ MORE

基礎知識を備えておく

植物

まずは知識を備えよう

趣味として、もしくは庭を有効活用したいからなどの理由からがガーデニングを始めることがあります。ガーデニングを行うにも、まずは正しい知識を備える必要があります。土や花の苗と種の選びかた等覚えないといけないことは沢山ありますが、イメージ通りのガーデニングをするには必要なことです。また、ガーデニングを始めるにあたり、虫と遭遇するものだということを忘れてはいけません。ガーデニングには虫はつきものです。ですが、虫といっても全てが害虫というわけではありません。花粉を運んでくれるなどの役割を持っている虫もいて、虫のおかげでガーデニングが成り立っていることもあるのです。それでも虫が苦手という方は、殺虫剤など虫を寄せ付けないアイテムを使用するとよいでしょう。虫対策のアイテムも下記で説明する筆順品と同じく、ホームセンターだけでなくネット通販でも購入できるようになっています。必需品をそろえる時に一緒に確認しておくのもいいでしょう。

筆順品について

ガーデニングには数種類の必需品があります。水まきに欠かせないジョウロをはじめ、シャベルやスコップ、花ばさみと剪定ばさみ、そして園芸用グローブがあります。水まきには如雨露が欠かせないとありますが、観葉植物は別です。観葉植物の水やりは葉水用の霧吹きを用意する必要があります。シャベルやスコップですが、丈夫で扱いやすいということからステンレス製のものが勧められています。使用後は土がついたままの状態で放置をせず、洗って乾かすようにしましょう。そうすることで錆を防ぐことができます。花ばさみと剪定ばさみですが、これはどちらもあると便利です。花ばさみは花がらを摘み取るために、剪定ばさみでは細かい枝を切るのに役立つからです。どちらも茎から出た汁が付着したままだと刃の切れ味、動きが悪くなってしまうので手入れはしっかり行いましょう。最後に園芸用グローブですが、これは土いじりの際に爪の間に土が入るのを防ぎ、手を汚さないようにします。とげがある植物の手入れをするとき、けがをしないようにするためにも役立ちます。

水と土について

植物がちゃんと育つためには、土と水が欠かせません。特に水は人間でいうところの酸素と同じです。ないと枯れてしまい、多すぎると害になります。水が多いと常に水浸しの状態になり、根が腐ってしまいます。そうならないように土の湿り具合を確認しながら水を与えるといいでしょう。そんな水やりの基本ですが、土の表面が乾いたらたっぷりやることです。鉢の下から水が出てくるまで水を与えるのです。土の表面が乾かないうちに水をやる、乾いている状態のまま何日も放置するのはダメです。そして土ですが、しっかりと栄養のある土を準備しましょう。ですが土だけではいけません。栄養があるといっても肥料や堆肥も混ぜる必要があります。どんなものが良いかわからない場合、ネットでの口コミやホームセンターや園芸品店で直接聞いてみるといいでしょう。特にホームセンターや園芸品店は専門の人が直接教えてくれるので、土以外のことも相談に乗ってくれます。

<PR>
リピーター続出のガーデニング用品の通販サイトを公開!
種や球根などを多数取り扱い中。
広告募集中