庭以外で楽しむガーデニング

成功するガーデニング

住宅

ガーデニングはどこでもできる

庭

庭がなくても大丈夫!

マンションやアパートといった賃貸住宅では、庭がないからガーデニングができないという声があります。ガーデニングは庭でやるものと思われがちですが、実際はそんなことはありません。庭がなくてもできますし、マンションやアパートに住んでいてもガーデニングを楽しむことができます。庭がないという場合、ベランダを使ってガーデニングを楽しむことができるのです。実際ベランダでガーデニングをしているという人は多く、ネット上には特集を組んでいるサイトやページがたくさんあります。それらの情報を参考にベランダガーデニングを楽しんでみるといいでしょう。ですが、ベランダでやるガーデニングも庭を使ってやるガーデニングと同じように前もって知識を備えておく必要があります。必需品や水、土のことはもちろん、ベランダの面積を上手に利用するための方法などいろいろあります。

寄せ植えをやってみよう

手軽かつ空いているスペースを有効活用したい、というのであれば、まずは寄せ植えからやってみるといいでしょう。植物の苗は1つ100円で、もしくはそれ以下の価格で入手することができますし、自由に組み合わせをすることができます。どの植物を組み合わせたらいいかわからなくても、ホームセンターや園芸品店にキットがあるので簡単に始められます。もちろんネット通販でも購入することができます。ネットで購入する場合、専門店からの購入がベストです。説明が細かく、不明点があれば対応してくれます。また、組み合わせだけでなく季節感も取り入れるといいでしょう。季節によって育つ花は違いますし、いろんな組み合わせを楽しむことができます。それと、丈夫な植物を選ぶことを忘れないようにしましょう。丈夫な植物を選ぶことで日があまりあたらない場所でも育ちます。

すのこを使ってみる

ベランダでガーデニングができるといっても、広さなどによっては思い通りにできないなんてこともあります。この問題、すのこを使うことで解決できる可能性があります。すのこはDIYではおなじみのアイテムで、加工がしやすいことでとても人気です。実際ガーデニングでは、すのこで作った棚を植物置き場にしている人は多く、アレンジ次第でひとつしかないすのこ棚を作ることができます。棚以外だとすのこで壁を作って、壁掛けのガーデニングが行われていることもあります。それと、植物を映えさせるための室外機隠しとしても利用されています。室外機隠しで使っていても壁掛けとして利用できます。すのこ棚も壁面すのこも参考になる情報がたくさんありますので、どのように利用されているか見ておくといいでしょう。

ガーデニングを楽しむ方々の口コミ

家庭菜園も一緒にやってます

ガーデニングだけでなく、思い切って家庭菜園もやってみました。どちらも子供も一緒にやっているのですが、植物への興味関心がわいただけでなく、野菜の好き嫌いも減ってきました。自分で育てた野菜はとてもおいしく感じるみたいです。

多肉植物を植えてます

ガーデニングをしたいけどちゃんと世話できるか不安、ということで友人に勧めてもらった多肉植物を育てています。とても可愛いし、水やりも簡単なので私でもちゃんと世話ができます。慣れてきたら種類を増やそうかと考えてます。

ハーブを育ててます

もともとハーブが好きということもあって、ハーブを育てることにしました。香りが良いですし、虫を寄せ付けないので育てて良かったと思います。ハーブは初心者にハードルは高いと思われがちですが、そんなことはありませんよ。ハーブに興味がある人も気軽に育てることができます。

時期は問わない

時期を問わずに好きな花を育てたいと思い、調べてみるとパンジーやネモフィラなどが寒さに強いとのことで、どちらも好きな花なので両方とも育てています。ペチュニアやマーガレットも該当しているので、次はこれらを育てたいです。

ブルーベリーに挑戦しました

フルーツがあると雰囲気が明るく華やぐとのことだったので、好物のブルーベリーを育てることにしました。害虫被害がほとんどありませんし、半日陰でも育ってくれます。おかげでほとんど毎日食べることができています。

広告募集中